Modern Times DX企業研究所

Modern Times DX企業研究所

(写真:Simple Line / shutterstock

データ横断でブランドの成長を実現。次世代のコマースインフラとは

商品企画・ものづくりからECサイトの構築・運用、マーケティングまで、あらゆるビジネスを支援するソフトウェアを開発・提供するAnyMind Group株式会社は7月19日、総額約50億円の資金調達を発表した。同社はこれまでに約69億円の資金を調達しており、累計調達額は約119億円となる。

Updated by on July, 21, 2022, 4:00 am JST

AnyMind Group、グローバルでの事業成長投資およびM&Aへの活用を視野に約50億円を調達【PR Times 7/19】
AnyMind Groupは2016年にシンガポールで創業。現在の本社は東京都港区。インターネット広告を中心とするマーケティング事業からスタートし、メディア/クリエイター支援、生産管理、ECサイト構築運用、物流管理、チャットコマース/CRMなどに事業領域を拡大。現在、13ヵ国・地域に17拠点を展開しており、2021年12月期の売上高は190億円を超えている。

同社は現在、クリエイターグロースプラットフォーム「AnyCreator」、物流管理プラットフォーム「AnyLogi」、クラウドものづくりプラットフォーム「AnyFactory」、チャットコマースプラットフォーム「AnyChat」やECマネジメントプラットフォーム「AnyX」など9つのプラットフォームを開発・提供。また、これまでにインドやタイ、香港などで7社の買収を実施している。

wp-image-6070
出典:PR Times

調達資金については、既存事業のさらなる強化やASEAN・インドなどアジアの成長市場を中心としたシェア拡大、国内・海外でのM&Aなどに活用する見込みだという。

参照リンク
【PR Times】AnyMind Group、約50億円の資金調達を実施。グローバルでの事業成長投資及び将来的なM&A戦略を強化
AnyMind Group:https://anymindgroup.com/