DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

(写真:tutsi / shutterstock

動物よりも良い代替肉を。スイスのフードテック企業の挑戦

代替タンパク質製品を手がけるPlantedは9月1日、シリーズBラウンドで約7,200万ドルの資金調達を発表。今回のラウンドはLVMH系列の投資会社であるL Cattertonが主導。既存投資家のVorwerk Ventures、Gullspång Re:food、Movendo、Be8 Ventures、ACE、ETH Zürich Foundation、Yann Sommerらも参加した。

Updated by DX Laboratory on September, 7, 2022, 4:00 am JST

スイス代替肉テックのPlanted、シリーズBラウンドで7,200万ドルを調達【EU-Startups 9/1】
Plantedは2019年に設立。本社はチューリッヒ近郊のKemptthal。チューリッヒ工科大のスピンオフベンチャーで、エンドウ豆やオーツ、ひまわりなどのタンパク質をベースにした代替肉を開発・販売。タンパク質構造化と発酵を組み合わせた「バイオストラクチャリング」というアプローチが画期的だといい、スイスのほか、ドイツやオーストリア、フランス、イタリア、英国などで商品を展開している。

同社は調達資金の使い途について、植物由来の鶏胸肉など「Whole Cuts」と呼ばれる新たな製品ラインの立ち上げに言及。また、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク市場など欧州内でのさらなる国際展開も視野に入れているという。

wp-image-8269
Planted ウェブサイトより。

創業者のChristoph Jenny氏は「既存の植物性食肉の技術やソリューションは、食肉消費の1〜3%以上を代替することはできず、食料システムに十分な影響を与えることはできない」とコメント。「肉食の人に切り替えを促すためには、味や価格、環境負荷の低さ、良い素材、ヘルシーさといった点で『動物よりも良い肉』を作ることが重要で、当社は常にこれらの要素にフォーカスしている」と語った。

なお、世界の植物性代替肉市場の規模は現在80億ユーロ(約1兆1,000億円)ほどで、2027年には155億ユーロ(約2兆円)に拡大すると見込まれている。

参照リンク
【EU-Startups】Swiss foodtech startup Planted cooks up over €70 million to launch whole cuts line
Planted Closes CHF 70 million Series B financing round
Planted gets $72M to put whole cuts of vegan chicken on Europe’s menu
Planted:https://en.eatplanted.com/