2022.9.27TUE

人は、経済的・社会的・文化的要因の中で消費者になる

久野愛
undefined

逆説的ではあるが、データを駆使する社会ではこれまでより一層「欲求」について考える機会が増えるだろう。なぜデータが必要なのか、データを用いて何をしたいのか、データは人が何を欲していると表しているのか……。考えていくうちに、欲求こそが人の本質に近いものだと感じるようになるかもしれない。
しかし大量消費社会においては、欲求は生産システムの一部にすぎない。実は我々が自然に発生すると思っている感情はつくられたものなのである。欲求や消費と人との関係を紐解いてみる。

Read the article