2022.5.18WED

安全保障市場と地球観測の技術

松浦晋也
undefined

今回のロシアによる軍事侵攻では、諸外国が情報提供によってウクライナ政府を大々的に支援している。なかでも大きなウェイトを占めるのが、衛星画像による分析である。これにより、待ち受けていたウクライナ軍がロシア軍を殲滅させたり、ロシア軍による人道に対する罪を暴いたりしているという報道もある。
しかし実は、衛星画像の技術自体はすでに四半世紀以上前に熟してきており、現在も稼働している「ハッブル」宇宙望遠鏡は30年以上前に打ち上げられたものである。高分解能地球観測衛星が登場したときの状況について、科学ジャーナリストの松浦晋也氏が解説する。

Read the article