DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

(写真:DODOMO / shutterstock

AIで工場の人手不足解消へ。広がるインダストリアルIoTサービス

工場向けIIoT(インダストリアルIoT)サービスの開発・販売を行う株式会社MAZIN(マジン)は7月6日、グローバル・ブレイン、慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)、ニッセイ・キャピタルを引受先とする第三者割当増資による総額4億円の調達を発表した。2021年6月に実施した第三者割当増資と合わせて、資金調達総額は4.3億円となった。

Updated by DX Laboratory on July, 8, 2022, 8:00 am JST

工場向けIIoTサービスの「MAZIN」、4億円の資金を調達【PR Times 7/6】
MAZINは2018年6月に設立。本社は東京都台東区。切削加工・成形加工・研削加工等の各種加工を行う上で必要な技能を持つAIの研究開発と、AIを工場で使用可能にするためのIIoTサービスの開発や販売を手がける。現在の主力製品は、切削加工AIの一機能として切削工具の寿命の最適化を行うアプリケーションで、大手自動車部品メーカーを中心とした自動車部品加工を行う企業を中心に採用が拡がっているという。

wp-image-7213
株式会社MAZIN ウェブサイトより

同社は調達資金を研究開発体制と販売体制の強化に活用し、2024年6月までに200事業所へのサービス提供を計画しているという。同社の代表は「卓越した加工技術をAI化することにより、人手不足の時代でも高品質・低価格・エコな生産を実現するシステムを構築し、豊かな世界を底支えする『強い工場』を造っていくことをミッションに掲げて、今回ご出資いただいた企業様と共に事業を共創していきます」とコメントしている。

参照リンク
【PR Times】工場向けIIoTサービス「MAZIN」4億円の資金調達を実施
株式会社MAZIN:https://www.mazin.tech/