DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

(写真:OneLineStock.com / shutterstock

中国自動車メーカーの現在。ファーウェイの技術を活用したEVブランドとは

中国自動車メーカーの長安汽車傘下のEVブランドであるAvatrは8月3日、シリーズAラウンドで25億5,000万元(約500億円)の資金調達を発表。同ラウンドは中国政府系ファンドのNational Green Development Fundが主導。同社の調達総額は50億元(約1,000億円)を超えた。

Updated by DX Laboratory on August, 9, 2022, 4:00 am JST

ファーウェイの技術を採用する中国新興EVブランドのAvtar、新たに500億円超を調達【Tech Node 8/3】
Avatrは長安汽車とファーウェイ、中国EVバッテリー大手のCATLが2020年に共同で立ち上げたブランド。2021年5月に長安汽車のEV小会社であったChangan NIOを社名変更し、Avatr Technologyとして法人化した。3社が共同開発したCHNプラットフォームをベースとし、ファーウェイの「HI」スマート自動車ソリューションを搭載するEVを開発・販売。2022年中に国内110都市で販売店の開設を計画している。

wp-image-7015
Avtar ウェブサイトより

同社は2021年11月、ファーウェイの自動運転技術を搭載する新型EV「Avatr 11」をリリース。中型の電動SUVクーペである同モデルは、2022年第3四半期中の納車開始を計画している。

中国自動車市場では近年、EV、PHEV、FCVなどの新エネルギー車(New Energy Vehicle)への需要が急拡大する中で、国内メーカーの販売台数が急増。EV最大手のBYDが2022年上半期に過去最高の販売台数を記録していたほか、NIO、XPeng、Li Auto、NETAなどの新興EVメーカーが次々と台頭している。

参照リンク
【Tech Node】Changan’s EV brand Avatr raises $380 million in Series A
【EqualOcean】Changan-backed Avatar Technology will Jointly Develop Four EV Models with Huawei
Avtar:https://www.avatr.com/
Avtarプレスリリース:http://static.cninfo.com.cn/finalpage/2022-08-03/1214203798.PDF