DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

DXで未来を拓く 先駆者たちの現在地 

(写真:Derplan13 / shutterstock

あらゆる業界でAR体験を。容易で低コストな開発ソリューション

ARクラウドプラットフォーム「Pretia」を手がけるプレティア・テクノロジーズは8月4日、新たに約7億円の資金調達を発表。今回のラウンドにはSBIインベストメント、電通グループ、小学館、アダストリア、SMBCベンチャーキャピタル、他エンジェル投資家らが参加した。

Updated by DX Laboratory on August, 10, 2022, 4:00 am JST

AR技術のプレティア・テクノロジーズ、新たに7億円を調達【PR Times 8/4】
プレティア・テクノロジーズは2014年設立。本社は東京都品川区。空間をデータ化し、そのデータをもとにしたAR体験を簡単に作ることができるプラットフォーム「Pretia」を開発・提供。空間スキャンや3Dマップの作成を可能にするモバイルアプリをAndroidおよびiOS向けにリリースしている。

wp-image-7150
プレティア・テクノロジーズ株式会社 ウェブサイトより

「Pretia」の特徴は、現実の物理法則に沿い、複数人で同時体験できるAR体験を、低コストで開発できることだという。同ツールでは、「アニメやドラマのシーンを現地で見ることができる聖地巡礼コンテンツ」、「ビル内や商業施設をキャラクターが動きながら案内してくれるナビゲーション」「建物やお店の特徴を活かしたAR謎解きゲーム」、「商品にカメラをかざすと商品に関する情報が表示されるアプリ」、「工場での視覚的なマニュアル」といった幅広いAR体験を開発できるとのこと。

同社は調達資金の使い途について、「『Pretia』がエンタメ・小売・製造・教育・広告・建築などの業界で活用される基盤となるよう、開発体制の強化・製品品質の向上・開発者コミュニティの支援に充てる予定」とコメントしている。

調査会社フォーチュン・ビジネス・インサイツによれば、世界のAR市場は2021年〜2028年にかけて年平均成長率48.6%で急成長。2028年には13.2兆円規模まで拡大すると見込まれている。

参照リンク
【PR Times】7億円を調達し、ARクラウドプラットフォーム「Pretia」の世界展開を加速
プレティア・テクノロジーズ株式会社:https://corporate.pretiaar.com/
https://www.fortunebusinessinsights.com/augmented-reality-ar-market-102553