髙橋 信久

髙橋 信久

ニューヨークで1966年から1969年の間に撮影。ベトナム反戦デモの様子。戦争という悪魔に戦闘機が向き合っている。
当時、ニューヨークのあちこちでこのようなデモが開催された。写真家は『ヴィレッジヴォイス』に掲載された情報を頼りに現場へ向かっていた。

データを守りながら活用する方法

データを用いて事業に取り組むためには、当然であるが集めたデータを安全かつ活用しやすい状態で保有しておかなければならない。そのためにすでにハイパースケーラーのサービスを利用している人もいるだろう。しかし、それは使い方に沿った選択になっているだろうか。Neutrix Cloud Japan の髙橋信久氏が、データを守りながら活用するのに最適なストレージについて解説する。

Updated by Nobuhisa Takahashi on February, 1, 2022, 8:50 am JST

サービスとしてストレージを使う価値

オンプレミスでも、パブリッククラウドでも、またプライベートクラウドを構築したとしても、データを保管するストレージは必要不可欠な存在だ。メモリーとCPUがあっても、コンピューターは成り立たず、外部記憶装置としてのストレージをどこかに何らかの形態で用意しなければならない。そこで今回は、ストレージをサービスとして利用する「Storage as a Service」についてその価値を考えてみたい。

オンプレミスに自前で設置するストレージ装置や、パブリッククラウドなどのサービスの一部としてのストレージでは、「データのサイロ化」が問題になる。ストレージに蓄積したデータと、アプリケーションやサービスが分離できないことにより、データ活用の自由度が低下してしまうためである。アプリケーションやサービスに紐付いたコンピューティングリソースと、データを保管するストレージを分離して独立させられれば、データのサイロ化を防ぐことができる。本連載でも再三、指摘してきた事象だ。

一方で、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azure、GCP(Google Cloud Platform)のようなハイパースケーラーのパブリッククラウドを利用している現状から、ストレージだけを分離して独立したサービスとして利用することを考えると、躊躇する部分もあるだろう。

データのサイロ化を防ぎ、DX(デジタルトランスフォーメーション)に求められるデータの民主化の実現をサポートするクラウド接続ストレージサービスとして、Neutrix Cloud JapanはINFINIDAT社の技術を元にした「Neutrix Cloud」を提供している。このサービスを例に、ストレージをサービスとして利用する際の懸念を検証してみたい。

データはインターネットに流さない

1つの懸念はセキュリティだろう。元々、オンプレミスの閉じた環境で利用していたデータやアプリケーションを、パブリッククラウドに移行するだけでもセキュリティに対するハードルは高かった。その上、さらにデータを別のストレージサービスに保管するとなったら、リスクが高まるのではないか。しかし、Neutrix Cloudのクラウド接続ストレージは、そのセキュリティリスクに十分な対策を施している。

その対策とは、ハイパースケーラーのクラウドに閉域接続で直接接続する方法だ。クラウドサービスを相互に接続するとなると、一般には暗号化するにしてもインターネットを介して通信するというイメージが強いだろう。しかし、Neutrix CloudはAWS、Azure、GCPなどの主要なパブリッククラウドでIaaSコンピューティングを使用している場合に、そのインスタンスとNeutrix Cloudのストレージボリュームを専用線で直接つなぐことができる。AWSのDirect Connect、AzureのExpressRoute、GCPのCloud Interconnectを利用することで、インターネットにデータを流さず閉域網の中で取り扱える。セキュリティは強固だ。

wp-image-1003
Neutrix Cloudを利用すれば、閉域網のなかだけでデータを行き来させることができる。

信頼性でもNeutrix Cloudが提供するストレージは、高い性能を持つ。1つの例として、企業用ストレージシステムとして提供するInfiniBoxについて見てみる。マルチペタバイト規模でもストレージを1つの筐体のInfiniBoxに統合できるストレージだ。その信頼性は、各デプロイでデータ有効性99.99999%(年に3.16秒のダウンタイム)~100%(年にダウンタイム0秒)の合意サービス水準をもって提供している。ストレージメーカーとしては100%のサービス水準を提供することは非常に珍しいことだが、それだけ自信があることの裏返しでもある。

こうした信頼性により、シングルポイントが発生することがない。これまでデータを2面、3面で持っていた金融業界やゲーム業界が、InfiniBoxの1面だけで運用を開始していることは、その信頼性の裏付けになる。

一方で、最近のITシステムのトラブル事例の多くは、マルチベンダー化によることに起因していると見ている。全体を把握できる人材がユーザー側にいないため、マルチベンダー化、マルチクラウド化を進めるとナレッジが不足してトラブルに対応できなくなる。こうしたマルチベンダーのクラウドの運用のナレッジやノウハウは、Neutrix Cloudのようにクラウド接続ストレージをサービスとして提供している企業の側に蓄積されている。ナレッジやノウハウを生かしてトラブルへの対応をスムーズにするためにも、サービスとしてのストレージを活用する価値はあるだろう。

数学的なアルゴリズムで高いパフォーマンス

セキュリティの課題はクリアできたとして、クラウド接続ストレージでもう1つの懸念材料はパフォーマンスだろう。ハイパースケーラーが利用しているデータセンターの中でコンピュートノードとストレージを構内接続している場合に比べて、閉域網の専用線接続とはいえ異なるデータセンターにあるストレージを利用する場合のパフォーマンスを心配することは当然のことだ。

1つの事例を報告する。構内LANでつながるデータセンターの中で、AzureのコンピュートノードとAzureのプレミアムSSDとつないだ結果と、AzureのコンピュートノードとNeutrix Cloudのクラウド接続ストレージにつないだ場合の比較を検証した。すると、構内で接続しているAzure同士よりも、Neutrix Cloudのクラウド接続ストレージに接続した場合のほうが高いパフォーマンスが得られた。

この要因は、ハイパースケーラーのデータセンターといえども汎用的なサーバーを大量に設置してストレージとして利用していることにある。INFINIDATは数学的なアルゴリズムを用いて高速処理できる技術を開発しており、その技術を注ぎ込んだNeutrix Cloudのストレージのほうが高いパフォーマンスを得ることができたのである。すなわち、専用線接続によりセキュリティを保った環境で、この場合ならばAzureの高性能なストレージとしてNeutrix Cloudを使えると考えてほしい。AWSでもGCPでも、同様のことが言える。

またNeutrix Cloudは、マルチAZ(Availability Zone)構成を取っている。これがアベイラビリティだけでなく、パフォーマンスにも寄与している。それぞれのリージョンサイトから、パブリッククラウドに直接つながることで、高速・高性能のINFINIDATストレージでデータの主権を保ちながらマネージドクラウドを実現することが可能だ。現状はEASTサイトとWESTサイトのそれぞれ独立したデータセンターでサービス提供し、物理的に離れた2サイトによるBCP(事業継続計画)、DR(災害復旧)対策に役立てられる。いまは3つ目のサイトを東日本に置く計画が進んでおり、さらに安全性は高められる。

ハイパースケーラーとの3つの違い

ハイパースケーラーのパブリッククラウドと、Neutrix Cloudが提供するクラウド接続ストレージおよびクラウドサービスの間の違いについても、ポイントを絞って説明しておきたい。差異化のポイントは3つある。(1)ストレージとしてのコスト、(2)IaaS(Infrastructure as a Service)としての機能、(3)マルチクラウドへの適用――である。

ストレージとしての用途では、AWS、Azure、GCPを使っているけれど、それぞれの会社の従量課金に苦しめられているというユーザーには、Neutrix Cloudのサービスのメリットが感じられるだろう。ハイパースケーラーのサービスでは、「コストが月末にならないとわからない」「予算を超えたり、逆に使いきれなかったりする」ということが多く、困っているケースが少なくない。Neutrix Cloudのクラウド接続ストレージサービスは、クラウドサービス月額固定料金で提供しているため、そうしたコスト面での問題が発生しにくい。ストレージコストが高くついているユーザーには、Neutrix Cloudのクラウド接続ストレージを検討してもらいたい。

Neutrix Cloudが提供するクラウドサービスをIaaSとしての側面で見ると、ここでもハイパースケーラーのIaaSとの違いが見えてくる。ハイパースケーラーのIaaSはインスタンス方式を採用しており、仮想サーバー当たりの料金が設定されている。AのサーバーとBのサーバーのインスタンスを購入していることになり、これは物理サーバーを買っているときと変わらない。将来どのぐらいのメモリーやリソースを使うかわからず、余裕を持って購入せざるを得ないのだ。結果として、多くのユーザーがリソースの15%から20%程度しか使っておらず、使わないものにコストを払っている。

一方で、Neutrix Cloudはリソースプール方式で提供している。一定量のCPU、メモリー、ディスクを定義したリソースプールの範囲内で、仮想マシンを自由に設定可能になる。AとBのサーバーの間で、余ったリソースを共用できるため無駄なコストがかからずに済む。

wp-image-1467
無駄なコストのかからないリソースプール方式

マルチクラウドへの適用は、すでに繰り返してきた内容と重複するが、多くのユーザーが「マルチクラウドではデータの置き場所が大事」ということを理解するようになってきていると感じている。複数のパブリッククラウドやプライベートクラウドをまたいでDX基盤を作るには、それらの間をデータが自由に行き来でき、自在に蓄積できることが必要だ。マルチクラウドの世界観を具体化していこうとすると、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスから当距離にあるストレージとしてのNeutrix Cloudの価値に気づくだろう。マルチクラウド化を推進し、同時にデータの主権を自分たちの手元に置き続けられるようにすることを、日本国内で引き続き啓蒙していかなければならないと感じている。

wp-image
wp-image
wp-image

データ主権を保ちながら企業価値を高めるクラウドサービス