佐藤秀明

佐藤秀明

カウアイ島のナパリコーストは断崖絶壁で有名だが、実は美しい小さなビーチが点在する。

(写真:佐藤秀明

ハワイ、その少し奥に見えるもの

美しいビーチにその魅力を象徴されることが多いハワイ。実は文化や歴史の面においても興味深い事柄が数多くある。ここでは、長年にわたりハワイの様々な景色を写し出してきた佐藤秀明氏の作品の一部を紹介する。夏のオンライン旅行を楽しんでほしい。

Updated by Hideaki Sato on July, 22, 2022, 6:00 am JST
wp-image-5578
オアフ島の小さな町ハレイワを貫くカメハメハハイウェイに沿って、歴史を感じる建物が数多く残っている。日本人の入植者が作ったような町だ。
wp-image-5638
カウアイ島の広大なタロイモ畑。青々とした葉が繁っている。
wp-image-5632
ハワイ島コナのセント・ピータース教会。「リトル・ブルー」の愛称でも知られ、結婚式に人気だ。
wp-image-5608
カウアイ島のさとうきび畑。衰退する砂糖産業の中で頑張っている。
wp-image-5570
ワイキキの花火大会。鮮やかに弾ける光が夜空を彩る。
wp-image-5584
ワイキキのロイヤルハワイアンホテル。1927年開業の古く格式高いホテルであり、太平洋のピンクパレスと呼ばれている。ハワイアンにとっての英雄デューク・カハナモクにもゆかりがあり、たくさんのエピソードが埋まっているホテルである。
wp-image-5610
ハワイ島のキラウエア火山。立ち昇る噴煙は地球が生きていることを実感させる。
wp-image-5606
カイトサーフィンを楽しむ男性。風の力で波の上を走る。
wp-image-5624
オアフ島にあるドールのパイナップル畑。広がる緑すべてがパイナップルの草だ。
wp-image-5616
オアフ島マカハ渓谷の奥にあるヘイアウ。ヘイアウとは「神殿」を意味し、豊穣の神や戦いの神を祀っていたという。
wp-image-5574
カウアイ島ハナレイにて。水の豊かなこの島には、昔から農産物や果物のプランテーションがいくつもあった。ハナレイ湾に残された桟橋はそんな歴史の産物であり、積み出しに使われたのだろう。
wp-image-5596
アナフル川の虹。豊かな水の恵みを実感する。オアフ島にて。
wp-image-5586
ハワイ島の固まった溶岩台地を歩く。溶岩が海へ落ちる様子を見物することもできる。
wp-image-5588
ワイキキビーチ。ハワイといったらこのビーチを思い浮かべる人も多い。
wp-image-5612
オアフ島・夏のワイメア湾。冬はハワイで1番の大波が立つビーチ。その波に乗ることだけに命をかけるサーファーがいる。
wp-image-5640
ゴールドツリー。3月~4月に咲く黄金の花が青空によく映えて美しい。
wp-image-5646
ハワイ島キラウエア山。噴火活動は今なお続き、火口からは噴煙が立ち昇る。
wp-image-5572
オアフ島のコーラウ山。東海岸から見上げるように山脈が連なってそびえる。
wp-image-5576
オアフ島サンセットビーチの夕暮れ。今日もハワイの1日が終わる。
wp-image-5594
モロカイ島の夕暮れ。観光客も少なくて静かな島。