暮沢剛巳

暮沢剛巳

浅草の羽子板市。年末に開かれ、客は縁起物として羽子板を買っていく。価格が表示されていないこともあり、店の人の口上を楽しみながら買い物ができる。

(写真:佐藤秀明

過去のものといえども、
真に価値あるものは、
常に新しさを含んでいる

大量のデータから価値を見つけ出していく工程では、キュレーションの考え方が参考になるだろう。ここでは、ありふれたものに価値を見出した「民藝」の概念を生み出した柳宗悦のはたらきを紹介する。

Updated by Takemi Kuresawa on January, 25, 2022, 0:09 am JST

戦後3度目の民藝ブーム

戦後の日本では、何度か民藝ブームと呼ばれる現象があったとされる。1度目は1950年代後半~1970年代前半にかけて、全国各地でいわゆる民藝調の家具や土産物が人気を博したことで、高度成長や「ディスカバー・ジャパン」と並行した、失われつつある農村へのノスタルジアを背景にしたものだった。2度目は21世紀初頭、テレビの情報番組などで繰り返し民藝が取り上げられたことで、「オシャレ」や「スローライフ」など、民藝が従来とは異なる形でクローズアップされたところに特徴があった。してみると、民藝をテーマとした現代アートの展覧会が開催され、また以前とは異なる切り口の情報番組が放映されたりしている現在は、戦後3度目の民藝ブームと呼べるかもしれない。

よく知られているように、民藝は今から100年近く前に思想家・哲学者の柳宗悦によって提唱された概念であり、その活動拠点となっているのが日本民藝館である。民藝を理解するためには、まず同館を訪れ、その展示を見てみなくてはなるまい。

柳の遺志を継ぐ「日本民藝館」

東京・駒場に所在する日本民藝館は旧家と見紛うようなたたずまいの小さな美術館であり、同館のパンフレットやホームページには、柳が民藝を提唱するに至った経緯が紹介されている。ごく簡潔にその概略を述べるなら、西洋美術を愛好し、大学で芸術と宗教への関心を深めた柳は、一時期知人の手ほどきで朝鮮工芸の美しさに魅了されるが、その関心は徐々に無名の工人の作り出すアノニマスな日用品へと移行し、「健康な美」や「平常の美」を宿したごく安価な日用品を、それまでの「下手物」という蔑称を「民衆的工芸」へと読み替える形で展開されていった、とでもなるだろうか。言うまでもなく、「民衆的工芸」の略語こそが「民藝」である。

日本民藝館は、現在約1万7000点のコレクションを擁している。ジャンルとしては絵画、陶磁、木工、漆工などの多岐にわたり、なかでも丹波、唐津、伊万里、瀬戸など日本各地の古陶、民藝のルーツとなった朝鮮工芸や木喰仏、アイヌや沖縄の工芸、民藝運動の同志であったバーナード・リーチ、濱田庄司、河井寛次郎、棟方志功、芹沢銈介らの作品は充実している。館内の雰囲気が強い一体感で満たされているのは、生前の柳がほとんどの作品を自らの眼で選び、蒐集している事実に由来するのだろう。

日本民藝館は柳が創設した美術館であり、柳の死後60年以上経過した現在も、その理念を忠実に継承した活動を展開している。その日本民藝館による民藝の定義は公式見解と言ってもよいだろう。もちろん、それとは異質な見解が打ち出される場合もある。最近でいえば、2021年~2022年に東京国立近代美術館で開催された「民藝の100年」展がその代表格であろう。タイトルが示す通り、この展示はそろそろ提唱から100年の節目を迎えようとしている民藝を回顧する意欲的な試みであり、柳の正嫡である日本民藝館の公式見解とは異質な民藝の解釈も少なからず盛り込まれている。同展は6部構成だが、個人的に特に興味深かったのが、「第4章 民藝は「編集」する」と「第5章 ローカル/ナショナル/インターナショナル」の2章であった。

陳列はそれ自身一つの技藝であり、創作である

「第4章 民藝は「編集」する」は、編集者としての柳に焦点を合わせている。多くの著作を出版した著述家である柳は、同時に自ら機関誌を編集し、民藝の広報活動を積極的に展開していた。雑誌を編集するためには、様々な情報を収集し取捨選択した上で誌面に的確にレイアウトする必要があるが、そのプロセスは様々なモノを蒐集し取捨選択した上で会場に配置する展覧会企画と共通する面が少なくない。柳自身も、各地の工芸品の蒐集と様々な工芸の情報を採録した機関誌の編集は表裏一体のものとしてとらえていたに違いない。

wp-image-845
2012年ごろ竹富島にて撮影。伝統的な織物・芭蕉布製造の工程。糸芭蕉植物の繊維でできており、とても軽い。

他にも本章の展示では、柳が雑誌の表紙や扉絵にも人一倍凝っていたこと、書を嗜んでいた柳が「民藝フォント」とでも呼ぶべき独自の書体を考案したこと、柳が雑誌に掲載する図版のトリミングに人一倍拘っていたこと、「陳列はそれ自身一つの技藝であり、創作である」との信念のもと、民藝館での作品の陳列に細心の注意を払っていたことなどの事実が、多くの展示品によって紹介されている(柳のモダンな服飾の趣味をも「編集」の一環とみなすのは、さすがに牽強付会な気もしたが)。情報の収集と取捨選択という観点からは、いずれも重要な問題が視覚化されている。

美をもって内と外を串刺しにする

「第5章 ローカル/ナショナル/インターナショナル」は民藝が併せ持つ3つの側面が主題化されている。このうちローカルに関しては、もともと民藝は土着的、土俗的なものなのでローカルなのは当然として、他の2つには違和感を覚える者もいるかもしれないが、ここでの展示は柳の視点がこの三者を串刺しにするものであったことを明らかにしている。

最初に目を引くのが、芹沢銈介の「日本民藝地図(現在之日本民藝)」という作品だ。柳が全国各地を訪ねて多くの工芸を蒐集したことは既に述べた通りだが、旅の軌跡に従って日本全国を5色に色分けして各地の工芸を細かく書き込んだその地図は、柳が民藝を特定の地域に帰属するものではなく、日本全体の問題として考えていたことを示している。各地の土着の工芸を調査して回る旅には、確かに日本の工芸像の追求という一面があった。1930年代に柳が日本文化の対外宣伝を目的とした雑誌「NIPPON」やKBSニュースの取材に応じたのは、他でもない彼自身がその必要を実感していたことを示している。

東京出身の柳にとって、遠く離れた沖縄や異民族であるアイヌの工芸に接することは、海外の工芸と接するときと同様の緊張感を孕んでいたに違いない。この展示では、柳が写真や映像という新しいメディアを駆使して沖縄の生活を紹介しようとしたことや、アイヌの工芸にも強い関心を寄せていたことが紹介されているほか、東北に関しても、柳としばしば対比された柳田國男の「経世済民」という視点を交えて紹介している。これら日本国内の「内なる境界」に向けられた柳の関心は、決して民俗学や考古学を背景としたものではなく、あくまで美に根差したものであった。

一方、柳の関心は日本の「外」にも向けられていた。柳はもともと西洋美術の愛好者でもあり、また以前には朝鮮で美術館の建設のために奔走したことはよく知られている。この展示ではそうした「外」への視線も強く意識しており、若い頃に深い関りのあった朝鮮のほか、台湾や満洲を訪れた際に行った調査や蒐集した作品も紹介されている。当然のこととして、1930~1940年代のこれらの地域との関わりに触れる以上、当時の日本の植民地主義の問題を避けて通ることはできない。この展覧会では、多くの作品を借りる以上は当然のこととは言え、民藝館の公式見解と矛盾しない範囲ではあるが、可能な限りこの問題にも踏み込もうとしていたように見受けられた。

なおこの展覧会の終盤では、晩年の柳が会場である東京近美を痛烈に批判していた事実が紹介されている。「国立」「近代」「美術」が「西洋の眼」を標榜しているのに対し、自らの創設した日本民藝館は「在野」「非近代」「工芸」を以って「日本の眼」の側に立つというのがその要旨であり、ローカル/ナショナル/インターナショナルの三者を串刺しにしようとする視線がここにも発揮されている。

キュレーションとは、情報を組み替えて新しい価値を創ること

2021年に出版した拙著『拡張するキュレーション』で、私は1章を費やして民藝を論じた。といっても、別に既にいくつか前例のある民藝を下敷きにした現代アートの展覧会を企画しようとしたわけではない。私が注目したのは、柳が全国各地を訪ねて回って蒐集した数多のアノニマスな日用品が「民藝」として再編されていったプロセスである。もともとは美術品や文化財としての価値もなければ、市場価値もほとんどないそれらの「下手物」は、柳の眼を経て収集されることによって初めて、「民藝」という独自の価値を持った工芸品へと変換されていった。このプロセスは「情報を組み替えることによって新しい価値を創る」という私のキュレーションの定義にそっくりそのまま当てはまる行為であり、であればこそ柳の標榜した「創作的な蒐集」をキュレーションという観点から語れるのではないかと思った次第である。

編集としての民藝

「民藝100年展」を見た私は、この展覧会もまたキュレーションという切り口から語り得ることを確信した。従来の民藝展と比較して、この展覧会の最大の貢献はやはり「編集」という視点を導入したことであろう。繰り返すが、編集とは様々な情報を収集し取捨選択して誌面に的確にレイアウトすることであり、その作業には展覧会企画と共通する面が少なくない。展覧会企画が作品=モノを対象としたキュレーションであるなら、編集もまた言語を対象としたキュレーションである(参考までに挙げておけば、拙著が出版されて間もなく行われた私とのオンライン対談で、吉見俊哉は私の提唱するキュレーションが松岡正剛の提唱する編集工学と類似していることを指摘している)。柳が編集と展示を同様の次元でとらえようとしていたというこの展覧会の見立ては、対象が言語であれモノであれ、情報を組み替えて新しい価値を生み出す行為は等しくキュレーションであるという私の立場と大いに重なり合うものであるし、民藝をローカル/ナショナル/インターナショナルの串刺しでとらえる視線も、情報の組み換えとしての編集の為せる業だろう。

wp-image-843
写真家の佐藤氏は新潟県・中ノ俣の魅力に取り憑かれ多数の作品を発表。本も出版している。出版に際して、村の人々は大々的な祝祭を開いてくれた。写真はその一幕。中ノ俣はまるで現代日本とは異なる時空に存在しているような村で、「年貢」「小作」いった言葉が日常的に使われている(歴史の教科書に載っているものとはやや意味が異なる)。

二束三文の下手物が民藝と読み替えられることによって価値の高い工芸品へと変貌したという内容は、拙著を読んだある知人から、民藝はまるで錬金術のようだと指摘されたことがある。錬金術という言葉の疑似科学的なニュアンスに強い抵抗は感じるものの、価値の低いものを高いものへと作り変えるという一点に注目すれば、私の提唱するキュレーションにそうした側面はあるのかもしれない。とはいえ、「新しい価値を創る」という提言がそのように一面的に理解されてしまうのはやはり不本意なことである。同じく民藝を通じて新しい価値を作り出すことが、全く違った手法によっても可能であることを最後に一例だけ紹介しておきたい。

拡張するその定義

2022年の正月、私は「かわ善い民藝 いとお菓子」というeテレの情報番組を見た。番組の趣向は、2人の女性(1人は女優、もう1人は料理研究家)が各地の菓子屋を訪ねて回り、民藝の影響をレポートするというものであった。民藝と言えば、多くの者は日用的な工芸品を連想するだろう。民藝の尊ぶ「健康の美」や「平常の美」が長い年月を生き延びてきた品々によって継承されてきたことを思えばそれは当然のことだ。食べられた時点で跡形もなく消えてしまう菓子に同様のエッセンスを認めるのは難しいように思われるが、しかしこの番組では、生前の柳が愛好していた菓子店をはじめとして、様々な店の内装、容器や包装紙、何よりも主役の菓子やその作り方の流儀に民藝が息づいている様々な事例が紹介されていた。一般的な和菓子が民藝の流儀を導入することによって新しい価値を獲得しているのだとすれば、それもまたキュレーションの成果に他ならない。

「かわ善い」はもちろん「かわいい」と「善い」を掛け合わせた造語であろう。何年か前に「かわいい」という切り口で企画された民藝館の展示を見たことを思い出した私は、「かわ善い」いう切り口の妙に感心すると同時に、民藝がこのような形で関心を持たれていることに、戦後3度目の静かなブームが到来していることを実感したのだった。